読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のアスペルガー(asd)女性が歩む自分の人生

私は大人のアスペルガー症候群ですが、障害なんかに負けずに人生を楽しんでいます。同じ障害を持つ皆さん、悩まず明るく、いつも笑顔でいましょう!

アスペルガーはメモが取れず同時進行が苦手です

大人の女性アスペルガー症候群の苦手な事

アスペルガー症候群電話をしながらメモを取るのがかなり苦手です。

 

と言うか殆ど出来ない(泣)

 

おまけに私は聴覚から入ってくる事を覚えるのがかなり苦手なので、電話を切った瞬間全てが白紙になるというとんでもないアスペ女なんです。

 

しかし例えアスペルガーでも仕事での電話は忘れてはいけない事が多いんですよね。

 

実はこの悩み、かなり以前から何とかしなければならない問題だと考えていました。

 

そしてイザ話しながら書こうとすると書けない、何故だ???そう、これは自閉症スペクトラムの特徴の一つだったのです。

f:id:asupeshougai:20160503154706j:plain

もう何十年と悩んでいた問題は実は発達障害が原因。だからと言って仕方ないではすみません、何とかせねば!!!

 

何というか、聞きながら書くという行為はまず聞くところから始まります。

 

それを脳でまとめて書くのだと思うのですが、脳の中がまとまらない間に次の話しに移ってしまう。すると中途半端に書いた文書だけが残り後から読み返しても何の事やらさっぱり(汗)

 

「○月○日○○時にどこそこで待ち合わせ」

 

このような会話なら問題なく書く事が出来ます。

 

しかし会話ってあっちこっち話しが飛び、その飛んだ内容から重要なポイントだけを選んで書かなければ意味不明な文章になるんですよね。

 

必要な所が頭でまとまらず、結果何を書いて良いのか分からない

 

でも伝えないといけない事や重要な事柄を言われているのは分かるのですが、どこが重要かを探しているうちに

 

「では後ほど」

 

などと言って電話が終わってしまう・・・はぁ、やっぱ難しい(泣)

アスペルガーな私が見つけた方法

なので私は一つの策を講じました。それは電話が終わる間際に聞いちゃうんです

 

「○月○日でしたよね?」

この時点で時間が分からないなら

 

「え~と、お時間は?」

すると相手は親切に時間を教えてくれます。

 

「場所はどこら辺でお待ちしていれば良いですか?」と聞くと

「では○○の中にある噴水前にしましょう」

 

そう、質問すれば答えてくれる事を知ったのです♪

 

全く覚えていなければ問題かもしれませんが、電話で話している最中であれば漠然と流れは覚えているので、聞いてたけど確認するよ♪的な質問の仕方なら大抵が答えてくれるはず。

 

ただし、電話を切ってしまうと私の場合は全てが真っ白になってしまうので、電話を切る前にしておかなければならない作業なのです。

 

アスペルガー症候群はメモを取りながら何かを同時進行する事が苦手なのですから、自分に合った技を考えると今よりはスムーズに出来るようになるはずですよ!