読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のアスペルガー(asd)女性が歩む自分の人生

私は大人のアスペルガー症候群ですが、障害なんかに負けずに人生を楽しんでいます。同じ障害を持つ皆さん、悩まず明るく、いつも笑顔でいましょう!

栗原類さんはADDと呼ばれる発達障害だった

栗原類さんはADDと呼ばれる発達障害を告白されてから時間が経ちますが、栗原類さんのADDがどのような発達障害かをご存知ですか?

f:id:asupeshougai:20160419213158j:plain

最近はかなりASDやADHDそして栗原類さんのADDも有名になりましたよね!


栗原類さんのADDと呼ばれる発達障害とは

アスペルガー症候群とは呼ばれる障害の特徴はコミュニケーション能力がないなのですが、ADDは注意欠陥障害の事。

 

しかし似通った部分も沢山あり、こだわりが強かったり相手の考えが理解出来なかったりと、周囲からみると

 

あれ?この人ちょっと変かも?

 

と思われる事が少なくありません。

 

栗原類さんをテレビで拝見していても、少し風変わりな個性のある方ですよね!

 

モデルとして活躍され、今では本の執筆までされているのですから、豊富な才能を持っておられるのでしょう。


発達障害は治らない障害

今はまだ、残念な事に治るとは言われていないこれらの障害ですが、上手く周囲と共存している人も沢山います。

 

当然そうなるには周囲の協力と本人の努力が必要不可欠なのですが、著者の中ではお母さんがかなりの理解者だったのだそう。

 

お母さんはADHDと呼ばれる障害だった事もあり、障害がある子供を理解しながら上手く子育てしてこられたのではないでしょうか。


栗原類さんの個性はADDからくるもの?

自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害などは、一つの個性だと考えられる事も出来ます。

 

好きな事をトコトンまで追求できるのはまさしく障害があるから!

 

なんて考えると、上手く障害と共存しておられるのではないでしょうか?

 

ADDだと告白した栗原類さん、これからも障害を理解出来るような著書を期待しています♩

 

発達障害の栗原類さんがタロット占い師に

テレビで見た事があるのですが、タロット占いをされた事がありましたよね?

 

占いという方向に進むとき、実は心が辛い時だったりするそうなのですが、占いをしてもらう側ではなくする側に廻ったのはある意味正解だと思うのです。

 

ASDやADHDそして今回のADDでもそうなのですが、

 

他人を客観的に見る事が出来る

 

と言うのは障害の特徴。普通だと嫌われる原因なのですが、タロット占いなどの占い師さんならこの障害が活かされる可能性が高いんですよね♪

 

だって、人の考え方や感情に一切入り込まないから!!

 

栗原類さんは発達障害と言われるADDですが、やっぱり自分に合った方向に進んでおられるのではないでしょうか?